ホーム 会社案内 事業内容 安全への取り組み
事業内容


作業内容

電車の内装組立作業とは単純に言えば吊革などの取り付け作業です。
しかし簡単な作業は一部であり本質は職人作業です。 図面に準じて
部品加工し取り付けなければなりませんが、その部品加工の技術が
最も難しく長年の経験と知識を必要とします。

作業道具

エアー工具コンプレッサーによる空気圧によりモーターを回転させます。
エアードリル先端にキリを付けさまざまな物に穴をあけます。
エアータッパーエアードリルであけた穴にビス(ねじ)の通り道を作ります。
エアードライバービス(ねじ)を取り付けます。
エアーグラインダー切断、削りなどいろいろな物を加工します。
ヤスリ形状に合わせて隙間無くする為、手で加工します。
ノミ、カンナ部品取り付けの前に下地を整えます。
150mmスケール場所により0.5mm単位で加工しなければなりません。

安全への取り組み

電車の内装作業場は高い位置にあり足元は不安定な場所での作業が多い為、
周囲の安全を確認しながら作業をしなければいけません。

作業服装

・当社指定の作業服
・ヘルメット
・安全靴
・手袋
・帽子

作業現場風景

作業現場写真1作業現場写真3作業現場写真2


(c) KUKIMOTO,LTD. All rights reserved.