ホーム 会社案内 事業内容 安全への取り組み
安全への取り組み


現場作業安全対策ガイドライン

ガイドライン作成会の目的
安全確保のための教育・研修
事故防止対策
安全確保のための個別対策
現場作業の安全管理のためのチェック
ヒューマンエラーの防止

ガイドライン作成会の目的


安全確保のための教育・研修
(1)社内安全講習会の開催
 1)定期的な教育、研修(教育、訓練)
 ・現場作業を担当する機会の多い担当者(協力会社 代表を含む)を対象とする。
 ・現場作業の安全な遂行に関する研修会、講習会の開催。
 ・ビデオ教育・・・安全教育用ビデオによる学習。
 ・安全集会・・・事故事例の報告、作業の反省等、今後の安全確保へ向けた意識向上のための研修会。
 2)個別業務に対する安全研修(KY(危険予知)活動) 
 ・業務責任者(管理技術者、担当技術者)および作業担当者(協力会社を含む)全員が出席する。
 ・当該業務の現場作業の安全な遂行に関する問題点・課題および事故防止対策等に関する討議と
  作業実施方法の確認を行う。
(2)社外安全講習会への参加
 ・教育、研修のマンネリ化の排除と、安全管理に関する最新の情報、他社の動向を把握するため、
  社外の労働基準監督署や警察署が主催する研修会、講習会に積極的に参加する。

事故防止対策
調査前の対策
 ・事前に作業場の下見を行い、状況を把握した上で、安全上の問題点がないかどうかを確認する。
 ・大きな問題が認められる場合は、作業場、作業方法の再検討を行う。
 ・想定される危険要因に対する安全対策を検討する。
現地作業時の対策
 ・作業責任者は、作業開始前に作業者全員を集め事前のミーティングを実施し、作業場の安全
  対策を確認、徹底させる。
 ・作業者は、安全装備を確認する。また、必要に応じて安全帯等を着用する。

安全確保のための個別対策
(1)健康障害の防止
 ・必要に応じ防塵マスクや保護メガネ等を着用して作業を行う。
(2)高所作業における転落、落下物の防止
 ・高所での作業では、安全帯を使用し、作業する。
 ・作業者は、足場上から絶対に物を投げない、また落とさないように注意し、責任者は作業者に
  指示、教育を行う。
 ・不要な物は、足場上に絶対置かない。
  (工具については、紐等で体に連結させるなど、万が一の場合でも下方に落下させないようにする)
 

現場作業の安全管理のためのチェック

作業段階チェック項目
(1)作業前 服装はよいか

健康状態はよいか

作業内容と方法を説明したか

作業分担を決めたか

必要な資材工具は揃っているか

安全設備の点検をしたか

各機械、工具の始業前点検をしたか

保護具、防具の点検をしたか

(2)作業中 機械、工具を正しく使用しているか

人員配置に無理はないか

作業方法に無理はないか

保護具、防具の使用は適切であるか

作業の手落ちや間違いはないか

全員で片付けをしたか

整理整頓をしたか

設備類の終業点検をしたか

ヒューマンエラーの防止
ヒューマンエラーの主な原因
ヒューマンエラーとは誤認や誤動作、行動ミス、エラーのことをいいます。
要因に従って、その防止策を図ります。
無知・未経験不慣れパニック
危険軽視慣れ単調作業などによる意識低下
不注意疲労など
連絡不足中高年の機能低下
近道・省略行動錯 覚
場面行動本能


ヒューマンエラーを防ぐ為に

ひとは必ずエラーを起こすもの
1)事前の打合せ3)設備改善
2)危険意識4)健康管理

pagetop

(c) KUKIMOTO,LTD. All rights reserved.